生活リハビリとは

生活リハビリの種類

手芸:
ハワイアンキルトパッチワークの製作中。その他にもカゴや紙細工などもご希望に応じて製作します。2020年も完成品は、地域の文化祭に出展しました。

工芸:
しめ縄を作るためのワラを、利用者と田んぼまで出向き、収穫し、手作りします。季節に応じた文化的な作業を取り入れています。

園芸・農業:
利用者様が主体となって、サツマイモ、ナス、玉ねぎ等の季節に応じた野菜を、一から育て収穫しています。2020年には、みかんの樹も植えました。

料理:
利用者様とスタッフが協力して、お好み焼きを作ったり、畑で採れたサツマイモで焼き芋にしたりと、たくさんの料理をしています。

木工:
棚作り、テーブル作り、コロナ対策パーテーション作り、年末には門松作りも行います。普段控えめな男性方もここでは、”主役”です。

その他いろいろ:
※一人ひとりが、今まで生活の中で行ってきた、すべての生活行為が「生活リハビリ」になります。

 

生活リハビリとは?

ご自分が興味のある手工芸や園芸や料理などをすることで、元気になるという、より自然な介護、かつリハビリテーションです。

リハビリテーションには、2つあります。
1つが、❶理学療法(PT)といって運動ができるようになるリハビリテーションです。 もう一つが、❷作業療法(OT)といって、ご自分の生活史の中で行ってきた生活行為ができるようになるリハビリテーションであり、具体的には、手工芸、園芸、料理、書道、お茶、お花、梅干し作りなどです。個別に行うこともあるし、集団で行うこともあります。 このデイサービスけやき通りではこの❷を「生活リハビリ」と呼び、スタッフ全員で12年間、継続して実践しています。

できない事を問題視するのではなく、残された能力の中でその人の「強み」を見いだし、その人らしく生活できるような支援です。

(2001年に世界保健機関(WHO)により採択されたICF(国際生活機能分類:International Classification of Functioning,Disability and Health)に基づき、生活機能というプラス面を捉え、各メニューが実施されます)